高校生の勉強のやり方

高校は学力差ではなく、勉強のやり方で差がついているということを知っていましたか?

高校生の勉強のやり方

高校は学力差ではなく、勉強のやり方で差がついているということを知っていましたか?

高校生は中学生(義務教育)と違い偏差値輪切りです。同じ位の学力を持った人の集まりです。そのため各高校では独自の目標計画を念頭に置いて、大学受験対策への取り組みを用意しています。そのため、授業カリキュラム・教科書選択・定期テストレベル・授業スピード、授業進度などのあらゆる面で目的(大学受験合格)に向けての用意がなされています。

今までの現場状況から言えることは、早ければ1学期が終わる頃には上位の3割と下位の3割とが成績の面で分かれるということです。「なぜこんなに差が付くの?」
ズバリ一言でいうと、高校生の勉強法は「予習の差が成績の良し悪しを左右する!」

高校生は教科書の内容量が中学の約3倍に増え、授業スピードは約3倍速くなり、部活も厳しくなり、通学時間も人によっては大変!朝も早く家を出ないといけない!睡眠時間は大丈夫ですか?
この状況で1日3時間の自宅学習を強要されるのが進学校の高校生の宿命なのです。

そのため、中学生の時は独学で点数が取れていたという人も、高校生になるとそうはいかなくなることが多々あります。

また、高校では決められた単位を取得できなければ留年となってしまいます。授業についていけずに赤点を取り、追試にも受からずに単位を落とす、その繰り返しでは卒業も危ぶまれます。中学生の時のように多少点数が悪くても「まあいいか」で済まされないのが高校です。

赤点、追試、留年というループにはまらないためにも、早めの対策が必要です。

―高校は予習が生命線―

《どれだけ効率の良い予習が出来ているか》で成績は決まります。

なぜなら、高校の授業は「予習をしているということを前提」にして進められます。また、中学校のときと違い、単に教科書に書いてあることを暗記する勉強ではなく、内容を深く理解することが求められるため、一度授業を聞くだけばっちり理解することは不可能です。そのため、予習をしていかないと、授業を受ける度に“解からない団子がドンドン増えて行く”という悪循環になってしまいます。

―何のために、嫌で辛い勉強をするのか?―

それは将来自分の進みたい職業・就職等の「夢と希望」素晴らしい人生を摑むために、先ずは目標大学への現役合格を勝ち取るためでもあります。その第一のハードルが大学入試センター試験です。

センター試験の出題範囲は、高1の履修内容から約60%・高2から約40%と言われています。このセンター試験の出題範囲からも分かるように、高1の時点からもう大学受験は始まっているのです。

将来の夢と希望を叶えるために、早い段階で効率の良い予習方法を身につけましょう。

―高校の勉強方法・進学校型の勉強方法とは?―

学校の教科書・授業の徹底理解に尽きます。しかし、中学校の時のように暗記するだけの勉強で済むような簡単なものではありません。

そのため、高校生の勉強法は予習がポイントになるのです。教科書の量も多い、授業の進度スピードも速い、だから要点を押さえて効率的に学習できないと時間がどれだけあっても足りない!でもその「要点」が判らない!この教科書のどこが重要な箇所なのか?ここで何を覚えれば良いのか?先生は何を理解させたいのか?

ここが「要点」です。この要点を摑む「要点学習」をさらに「予習」するというやり方を知っていますか?

この「要点学習」を一歩進めた進学校型の勉強方法をダイレクトゼミでは「要点予習」と呼んでいます。ご存知ですか?

学校の授業は教科書の説明と思ってください。事前に明日習う箇所の解かる箇所と解からない箇所を分けておく作業、それが「予習」です。

そしてこの「要点」こそがセンター試験の重要な基礎となるのです。

さらにその単元・章・Leに「関連学習」を掛け合わせ、センター対策・二次(個別学力検査試験)対策へと発展させることで、定期テストだけではなく全国模試への対応へとつなげていく。

これをその生徒の高校の授業進度と教科書の内容に合わせ、自分の弱点やペースに合わせて出来る具体的な方法を示すことで結果の出る大学受験対策になるのです。

高校での勉強方法では予習が重要

上記でも触れましたが、高校生の勉強法は何よりも「予習」が大切です。予習と言っても、教科書の内容量・進度スピードを考えると漠然としている人も多いようです。「何を」「どこを」「どうすれば」「要点は」ここが具体的になりさえすれば、効率的で質の良い予習ができるはずです。

定期テストの的を射た対策も、この「要点」が理解できていれば「高得点」は当然の帰結ということです。

学校で使っている教科書の文・内容と別の物での勉強は「二重勉強」になってしまいます。

進学塾や予備校の現役コースに通っている人も、「学校の予習・復習・宿題・課題だけでも手一杯、塾や予備校は学校とは別のテキストなので大変、部活を辞めるしかない」という人もすごく多いです。

「質の良い予習」が具体的に出来るようになれば、もっと楽しい高校生活が送れることでしょう。

予習と同じくらい復習も重要

ここまで高校生の勉強法における予習の大切さについて説明してきましたが、それと同じくらい復習も重要です。ただ、復習がただの二重勉強になり、負担になってしまっては意味がありません。

先ほどもお伝えしたように、進学塾や予備校では学校の教科書とは違うテキストを使って授業を行いますし、何より自分のペースに合わせてもらえないので、授業についていけない生徒にとっては負担にしかなりません。

効率の良い復習をするためには、あなたの高校の教科書に合わせてあなたの苦手にフォーカスし、あなたのペースで行うことが重要です。

以上、やり方で差が付く高校生の勉強法について紹介しました。ダイレクトゼミでは、高校生の教科別の具体的な勉強法もご紹介しています。教科別の具体的な勉強法が知りたい方は下記の「各教科の勉強法」をチェックしてみてください。

ダイレクトゼミなら…
質の良い予習をするのにピッタリの教材があります。

中学校からレベルが格段に上がり、対策が難しくなる高校生の勉強ですが、ダイレクトゼミの教材を使えば家庭教師や塾に頼らずに独学で効率良く進められます。

あなたのレベルに合った勉強ができる

ダイレクトゼミは、あなたの学校の教科書の要点にピッタリ対応した教材で、基礎問題から応用問題まで、詳しく分かりやすく解説します。

24時間いつでもみられる教材解説動画で、あなたのペースで勉強できる

ダイレクトゼミでは、教材の内容を1問1問解き方から詳しく解説した動画を24時間いつでもみることができます。

① わからない問題だけピンポイントで学習できる

各単元の大問単位で動画が分かれているので、わからない部分があれば、その問題だけの動画解説を見ることができます。
また、数学なら途中式まで、英語なら文章構造までを詳しく解説しているので、動画をみるだけで解決できます。

② 同じ問題を繰り返し学習できる

予備校や塾の先生に説明してもらったけど理解できない時、「何度も同じ問題を聞き返すのが気まずい…」ということはありませんか?
塾の先生や家庭教師の先生には恥ずかしくて何度でも聞けないような問題でも、繰り返し何度でも学習することができるので、分からないところがそのままになるということがありません。

③ 学校の宿題のノートまとめも楽々!さらに、それがそのままテスト勉強になる

ダイレクトゼミの映像解説動画では、教科書の重要ポイントを色分けして分かりやすく解説しています。学校の定期テストは、今あなたが学校で使っている教科書からしか出題されません。教科書の重要ポイントが分かっていれば、それを宿題の「自学ノート」に書き込んでいくことで、定期テストの勉強と宿題を同時にこなせて一石二鳥です。

さらに…
効率よく予習・復習・テスト対策ができる

① 英語の和訳、古文の現代語訳をサポート

授業対策

ダイレクトゼミの教材は、学校の教科書で必ず理解しなければならないポイントを、分かりやすく、簡単にまとめてあります。
英語なら教科書の和訳もサポートがあり、単語、熟語についてはもちろんのこと、各レッスンの重要文節もピックアップして詳しく解説するので、学校の授業を理解するのがとても簡単になります。
国語の場合は、現代文なら教科書の内容をわかりやすく解説。古文、漢文は英語と同様に、現代語訳のサポートも対応します。
数学では、教科書の中で絶対に押さえるべき問題の解き方を、ステップに分けて詳しく解説するため、授業の予習がとってもラクになります。

② 定期テストに出る問題のパターンをおさえた、短時間でできる復習

授業対策

ダイレクトゼミの教材を使えば、復習も効率よく行えます。復習では、あなたの高校の教科書に合わせて、定期テストに出る問題のパターンをしっかりとおさえた問題に取り組めるので、無駄がなく短時間で復習することができ、しかもそれがそのままテスト対策にもつながります。

③ あなたの教科書の要点にピッタリの定期テスト対策問題

授業対策

ダイレクトゼミの定期テスト対策問題は、あなたの高校の教科書の要点にピッタリ対応。
出題範囲や問題傾向もしっかり押さえられているので、成果につながりやすくなっています。