中学生の期末テスト対策

期末テスト前なのに、何をどうやって勉強したいいのかわからないと悩んでいませんか? 多くの中学生が期末テスト前に、何から手をつけたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

中学生の期末テスト対策

期末テスト前なのに、何をどうやって勉強したいいのかわからないと悩んでいませんか? 多くの中学生が期末テスト前に、何から手をつけたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

しかも…
期末テストは中間テストに比べて難しい問題が多く出される傾向があります。

さらに期末テストは主要5教科だけではなく、
音楽・保健体育・技術家庭・美術といった副教科までもが筆記テストとして襲い掛かってくるので、
合計9教科の対策が必要ということになります。

部活や習い事で忙しい中、効率的に勉強するにはどうすれば良いのでしょうか。

しかも…期末テストは中間テストに比べて難しい問題が多く出される傾向があります。

さらに期末テストは主要5教科だけではなく、音楽・保健体育・技術家庭・美術といった副教科までもが筆記テストとして襲い掛かってくるので、合計9教科の対策が必要ということになります。

部活や習い事で忙しい中、効率的に勉強するにはどうすれば良いのでしょうか。

中学生の期末テストで良い点数が取れないという悩み

中間テストもあまり良い結果では無かったのに、期末テストではさらに悪くなってしまったんだけど、と悩んではいませんか?たしかに、期末テストは中間テストと比べて平均点も下がります。

悩んでいるならまだマシで、「どうせ自分はバカで勉強できないからやっても無駄だ」と、中学の期末テストの結果を見て自信を無くし、諦めてしまう子もたくさんいます。 ただ答えから言うと、中学の期末テストレベルであれば全くもって諦める必要はありません。

正しい勉強方法で期末テスト対策をできるようになれば、中間テストの点数以上に点数を取ることだって可能なのが中学生の期末テストなのです。


中学生の期末テストの特徴

中学生の期末テストは中間テストと比べるとどういう特徴があるのでしょうか?やはり一番大きな違いはテストの数ですよね。

中1、中2、中3全ての学年違いなく、期末テストでは主要5教科だけでは無く、音楽・保健体育・技術家庭・美術といった副教科のテストもあります。 だから、単純に副教科分プラスした9教科分、つまり中間テストよりも4教科多くくテスト勉強をしなければならないのです。 しかも先生によっては、期末テストの範囲に中間テストの範囲も含めてくる先生がいます。 ということはかなりテスト範囲が広くなってしまうのが容易に分かりますよね。 だから基本的には中間テストに比べて期末テストの平均点が悪くなってしまうのは当然なのです。

ただ、中間テストの時にイマイチ良い点数が取れなかった子というのは、恐らく当時は正しい勉強方法を身に付けていなかったからでしょう。 その子たちが期末テスト前に期末テスト対策の正しい勉強方法を身に付けることができれば、中間よりも良い結果を残すことは十分可能です。特に相対評価の場合は、平均点が下がる期末テストで良い点を取ることで、内申点がぐっと上がります。

では、副教科も含まれる中学の期末テストに向けてどのような勉強法を取れば良いのでしょうか?


学校の授業&教科書を大切に!

中学の期末テストを攻略する為に最も大切なのは、中学校の授業で先生が教えてくれる期末テスト範囲の内容をしっかり聞いて理解することです。

なぜ中学校の授業が大切かと言うと、先生が授業中にやっているのは教科書の解説だから。 厳密に言うと、学校の授業が大切というよりも教科書の内容を理解することが大切なのです。 教科書を理解することが中学の期末テストを攻略する為の一番の近道。 だから極端な話をすると、もし中学の授業を全然聞かなくても自分で教科書を読んで期末テスト範囲全ての内容が理解できるのであれば、授業を聞かなくてもOKなんです。

ただそんな器用な子ってほとんど居ないですし、仮にそういう子が居たとしても授業をちゃんと受けてないと授業態度が悪くなってしまい内申点に響いてしまうので、 やはりどっちにしても中学の授業は真面目に受ける必要がありますが。


中学の授業内容が理解できていない子は、
まずは暗記に絞った勉強をすればOK

中学の期末テスト攻略の秘訣は暗記に的を絞った勉強をすることです。

期末テストで少しでも良い点数を取る為には中学の授業をしっかり聞いて教科書の内容を理解するということが重要なんですけど、 授業中どうしても理解できないという子がやはりたくさんいます。 その子たちは結果的に教科書の内容が理解できていないままなので、期末テストで良い点数が取れるわけがありません。 期末テストで良い点数が取れなければ、もっと範囲が広くなる実力テストだったり、最終目標である高校入試本番のテストでも良い点数が取れるはずがありませんよね。 あなたがもし中学の授業を理解できないのであれば、それはおそらく授業の中の重要ポイントが分かってないからです。

とは言っても、その子たちにいきなり学校の授業を理解できるようになろうねと言っても、正直すぐには難しいと思います。ハードルがいきなり高すぎるのです。

ではどうすれば良いのか?答えは簡単で、ハードルを下げた勉強方法を取れば良いのです。 ハードルを下げた勉強方法と言うのは、まさに暗記、ただただ言葉を覚えれば良いだけです。

というのも実は中学生の期末テストレベルであれば、ほとんどの問題は単純な知識を問う問題で構成されているので、 覚えなければいけないことをちゃんと覚えさえすれば自然と点数も貰えるようになっています。 覚える作業がちゃんとできるようになった段階で、考える作業に移行すれば良いだけなのに、いきなり考える作業から入ろうとするからハードルが高すぎて対応できないだけなんです。


期末テストに出やすい重要ポイントに絞った勉強をするべき

授業中に重要ポイントを押さえることができない子が中学の期末テストで良い点数を取る為には、余計なことに手を出してはダメです。 まずは単純な知識を暗記することから始めれば良いと言いましたが、なかなか期末テストに出ないような無駄な知識ばかり覚えてたら時間と労力がもったいないですよね。

ダイレクトゼミの期末テスト対策問題集では、あなたの中学の教科書の内容に合った内容の中間テスト対策問題集です。 教科書に色々書いてある中でも特に期末テストに出やすい重要ポイントが絞られているので、英数国理社の主要5教科に対して短時間集中で取り組む事が出来ます。 期末テストに「出る」と分かっている問題に取り組むと結果が出やすいのはもちろん、テスト勉強にやる気も出てきます。 適当な勉強方法でダラダラと中間テスト勉強をしているよりも、期末テストに出る確率の高い主要5教科の重要ポイントを確実に抑えていく方が短い時間で力が付きます。

このように効率的な勉強をすることができれば、無駄な時間が節約できます。 節約した時間を使って、副教科の勉強に取り組むことができますよね。 特に期末テスト前はやらないといけない範囲が多いので、ダラダラと勉強していると時間が足りなくなってしまい、 期末テスト範囲全てをやり切れないまま期末テスト当日を迎えてしまうという最悪な事態にもなりかねません。 期末テストに出やすい重要ポイントに絞った勉強をやらないといけないのです。ダイレクトゼミは中1、中2、中3の1学期、2学期、3学期ごとに、出題率の高い期末テストの予想問題をご用意しております。ご興味がある方は一度お試き、期末テストの点数アップを体験して頂ければと思います。


内申点には副教科も含まれます

副教科は別に大してテスト勉強しなくても大丈夫なんじゃないか、と思われがちですが、そうではありません。 副教科も主要5教科と同じように内申点に組み込まれているので、 せっかく主要5教科の内申点が良くてももし副教科のテストの点数が悪いと足を引っ張られてしまうことになってしまいます。 だから中学の期末テストは内申点UPの為にかなり大切なテストなのです。 効率の良い勉強をし、少しでも主要5教科に対して掛かる時間を減らし、節約した時間を使って副教科の勉強をする、というのが中学の期末テスト攻略のベストな形なのです。

期末テストに出やすい問題パターンを集中してやるのが最も楽で効果的

中学の期末テストで出題される内容は学校の先生が適当に選んでいる問題ではありません。 期末テスト範囲の教科書内容で、学習指導要領で絶対に抑えておかないといけない内容が理解出来ているのか?を確認する為の問題が期末テストで出題されます。 つまりそこを確実に押さえて取りこぼさないようにしておけば期末テストでも高得点が取れるようになるのです。

今までの期末テストでなかなか成果を出せない…、期末テストで結果が出ないとお悩みの中学生の方は、ダイレクトゼミの期末テスト対策をぜひご検討ください。

ダイレクトゼミなら

学校の授業内容、教科書の内容をしっかりサポートした
効率の良い指導なので、テストの点数につながりやすい!

学校のテストとそっくりな期末テスト予想問題!

そっくりだから安心して学習できる!

ダイレクトゼミの期末テスト予想問題は、学校の教科書の要点にピッタリ対応。
「ダイレクトゼミで受講した予想問題と学校のテストがほとんど同じだった!」
「問題がそのままでビックリしました!」
「20点台だった英語が急に90点以上とれて先生もビックリしました!」

期末テストの出題範囲や問題傾向もしっかり押さえられているので、成果につながりやすくなっています。

短時間でラクにできる、ポイントを絞った予習

重要ポイント簡単にまとめているから授業がとっても理解しやすい

ダイレクトゼミの教材は、学校の教科書で必ず理解しなければならないポイントを分かりやすく、簡単にまとめてあります。
授業を受ける前に目を通すだけで、授業がとても理解しやすくなります。学校の授業がしっかり理解できていれば、期末テスト前に慌てることもありません。

教科書から出る問題のパターンをおさえた、
短時間でできる復習

テストに出てくる問題パターンをしっかりおさえた復習&テスト対策で効率よく学習でき、時間短縮!!

復習では、教科書ごとに定期テストに出る問題のパターンをしっかりとおさえた問題に取り組みますので、 無駄がなく短時間で復習することができ、しかもそれがそのまま期末テスト対策にもつながります。

ダイレクトゼミなら、部活や習い事で忙しい中学生でも無理なく毎日進めることができ、効率力成績アップにつながります。