中学生の実力テスト対策

実力テスト前なのに、何をどうやって勉強したらいいのかわからないと悩んでいませんか?多くの中学生が、実力テスト前に、何から手を付けたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

中学生の実力テスト対策

実力テスト前なのに、何をどうやって勉強したらいいのかわからないと悩んでいませんか?多くの中学生が、実力テスト前に、何から手を付けたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

実力テストは、内申書の成績には関係ないのですが、本番の入試により近い内容で、志望校の合否判定が出ることもあるので、実は非常に大切なテストと言えます。実力テストの結果で受験する高校や大学を決定する子がほとんど。せっかく受けたい高校や大学があっても、実力テストでの成績が悪いと学校の先生からストップがかかる可能性もあります。ですので、志望校合格に当たっては、実力テストで結果を出すことが絶対条件となります。

中学生の実力テストで点数が取れないと本番の入試で失敗!?

中学校のテストの中で最も難易度が高く、最も高校入試の形式に近いのが実力テストです。言わば、今の自分の学力を測る模試のようなものです。ゆえに、実力テストでの結果が本番の入試の結果にも直結しやすいのです。

実力テストは校内の実力テストと校外の実力テスト(模試)がありますが、特に校外の実力テスト(模試)は県内の多くの中学生が受けるため、 自分の受けたい高校を何人が考えていて、その中で自分は何位ぐらいの学力なのか、合格可能性はどれぐらいあるのかを判定してくれます。

中間や期末などの定期テストと比べて全体的に平均点は低くなる傾向にありますが、中間や期末では平均点以上取れているのに実力テストになると平均点以下になってしまうという人は注意が必要です。

実力テストは定期テストと違い、内申点には関係ないという場合が多いですが、だからと言って点数が悪くて良いというわけではありません。

先程も記載した通り、実力テストは今の自分の学力を測るもので、本番の入試の結果にもつながってきます。そのため、実力テストで極端に点数が下がってしまう人は勉強法の見直しが必要です。


実力テストの最大のポイントは範囲の広さ

中間テストや期末テストであれば、テスト前2週間ぐらいの勉強で何とかなったかもしれませんが、実力テストとなるとそういうわけにもいきません。

いかに実力テストの範囲の広さに対応し、良い結果を出して本番の入試に向けて弾みを付けられるかがカギになります。中1、中2、中3と学年が上がるにつれて、実力テスト範囲も広くなるのでまさに「実力テスト」ですね。


分からない所を分からないままにしておかないこと

中学生の実力テストは範囲が広いので、実力テスト前1~2週間で対応しようという考えは捨ててください。実力テストはこれまでに習ったすべての学習範囲の内容がしっかり身についているか、つまり、今の自分の学力を測るテストです。そのため、事前の勉強で何とかしようとするのではなく、学校の授業で分からない所があればその都度すぐに解決しようとする意識が最も大切です。その都度解決していかないことには分からない所が溜まりすぎてしまい、とても実力テスト前に対応できる量ではなくなってしまいます。

しかし、たった1回の中学校の授業ではなかなか理解できないという人もいます。また、家で復習しようとしても部活や習い事で忙しい人も多いと思います。

ダイレクトゼミの中学生コースでは、実力テストにも対応できるように、テストや入試問題に出やすい重要ポイントがまとまった教材があります。また、教材の1問1問の解き方から解説した映像教材があるので、分からないところだけを繰り返し学習することができます。

実力テストに出やすい重要ポイントに絞った勉強をするべき

出題範囲の広い中学の実力テストで良い点数を取る為には、余計なことに手を出してはダメです。 あまり実力テストに出ないような無駄な知識ばかり覚えていたら時間と労力がもったいないですよね。

ダイレクトゼミの中学生コースの実力テスト対策は、中学の教科書の内容に合った内容の実力テスト対策です。教科書の内容の、特に実力テストに出やすい重要ポイントが絞られているので、英数国理社の主要5教科に対して短時間集中で取り組むことができます。

実力テストに出やすい問題に取り組むと結果が出やすいのはもちろん、テスト勉強へのやる気も出てきます。適当な勉強方法でダラダラと実力テスト勉強をしているよりも、実力テストに出る確率の高い主要5教科の重要ポイントを確実に抑えていく方が短い時間で力が付きます。部活や習い事で忙しい中学生にも最適です。

ダイレクトゼミは中1、中2、中3の1学期、2学期、3学期ごとに、実力テストでほぼ出題される問題をおさえた、出題率の高い実力テストの予想問題をご用意しております。ご興味がある方は一度お試し頂き、実力テストの点数アップを体験して頂ければと思います。

実力テストに出やすい問題パターンを集中してやるのが最も楽で効果的

中学の実力テストで出題される内容は適当に選ばれている問題ではありません。特に校外の実力テストは、過去の入試問題の傾向などを参考にして、本番の入試に出そうな問題を予想して作られています。だから実力テストに出そうな問題というのはある程度絞られてくるのです。

それを知らずに適当に手探りで広範囲を勉強するよりも、実力テストに出る可能性の高い問題を中心に勉強していく方がよっぽど効果的ですよね。

中間、期末テストでは点数がある程度とれるけど、実力テストだと思ったような点数がとれない…とお悩みの中学生の方は、ぜひダイレクトゼミの実力テスト対策をお試しください。

ダイレクトゼミなら

学校の授業内容、教科書の内容をしっかりサポートした
効率の良い指導なので、テストの点数につながりやすい!

普段から教科書の
重要ポイントを押さえた学習が出来ている

授業対策

ダイレクトゼミなら、ポイントを押さえた予習復習で、普段から教科書の大事なところが押さえられているので、実力テストでも点数が取れる力が付きます。

重要ポイントに絞って実力テスト対策ができる

定期テスト対策

「実力テストって範囲が広すぎるから、何をどう勉強すればいいか分からない…」という人も大丈夫。ダイレクトゼミなら、教科書の重要ポイントが分かりやすくまとまっているテキストがあるので、苦手な部分が短時間で克服できます。

24時間いつでも何度でもみられる映像解説

高校受験対策

ダイレクトゼミの映像解説は、テキストを1問1問解き方まで詳しく解説しているので、それをみるだけで理解できます。
また、動画は各単元の大問ごとに分かれているので、わからないところだけをピンポイントで何度でも学習できます。
これなら、実力テストの勉強をしているときに、分からないところが出てきても安心です。

家庭教師とチューターの
手厚いサポート

高校受験対策

ダイレクトゼミの家庭教師なら、あなたのペースに合わせて分からないところを分かるまで指導します。
また、実力テストの勉強をしている時に「勉強法が分からない…」「なんだかやる気が出ない…」ということになっても、 チューターが電話でサポートするので安心です。