高校生の実力テスト対策

実力テスト前なのに、何をどうやって勉強したらいいのかわからないと悩んでいませんか?多くの高校生が、実力テスト前に、何から手をつけたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

高校生の実力テスト対策

実力テスト前なのに、何をどうやって勉強したらいいのかわからないと悩んでいませんか?多くの高校生が、実力テスト前に、何から手をつけたらいいのかわからなくて、勉強に取り組めず、勉強に苦手意識を持ち、自信をなくしています。

実力テストは、内申書の成績には関係ないのですが、本番の入試により近い内容で、志望校の合否判定が出ることもあるので、実は非常に大切なテストと言えます。実力テストの結果で受験する高校や大学を決定する子がほとんど。せっかく受けたい高校や大学があっても、実力テストでの成績が悪いと学校の先生からストップがかかる可能性もあります。ですので、志望校合格に当たっては、実力テストで結果を出すことが絶対条件となります。

高校の実力テストで点数が取れないと大学入試本番で失敗!?

高校の実力テストで点数が取れないと大学入試本番で失敗!?

赤点を取っても追試はないが…

高校生の受けるテストの中で最も大学入試の形式に近いのが実力テストです。言ってみれば模試のようなもので、今の自分の本当の学力が分かり、実力テストでの結果が本番の大学入試の結果にも直結しやすいのです。通常実力テストは赤点をとっても追試や留年には無関係な場合が多いですが、大学入試を見据えると、とても重要なテストであると言えます。

マーク式と記述式。2種類の実力テスト。

大学入試にはセンター試験と2次試験があり、基本的にはセンター試験の点数と2次試験の点数の合計点で合格不合格が決まります。

センター試験はマーク式で、2次試験は記述式なので、高校生の受ける実力テストには大きく分けてセンター試験を意識したマーク式の実力テストと2次試験を意識した記述式の実力テストの2種類があります。

その2種類の実力テストである程度の結果を残さないことには志望校合格は厳しいと言えるので、高校の実力テストはとても大事。高校の実力テストでなかなか良い点数が取れていない場合は早急に勉強法を見直す必要があります。


校内実力テストと校外模試

校内実力テストと校外模試

高校のテストの中でとりわけ難易度が高く、最も大学入試の形式に近いのが実力テストです。言わば、今の自分の学力を測る学力テストのようなものです。ゆえに、実力テストでの結果が本番の入試の結果にも直結しやすいのです。

実力テストは校内の実力テストと校外の実力テスト(模試)がありますが、特に校外の実力テスト(模試)は全国の多くの高校生が受けるため、 自分の受けたい大学を何人が考えていて、その中で自分は何位ぐらいの学力なのか、合格可能性はどれぐらいあるのかを判定してくれます。

ちなみに、基本的には校内実力テストよりも校外模試の方が難易度は高く点数が取りにくいのですが、高偏差値の進学校となると校内実力テストの方が難しいという現象が起きます。


実力テストは範囲が広い!好成績を取るためにはいつから勉強するべき?

実力テストは範囲が広い

高校生の実力テストは中間や期末などの定期テストと違って範囲が広いので、実力テスト前1~2週間で対応しようという考えは捨ててください。文字通り、「実力=今の学力」を測るテストになるので、平均点も中間や期末などの定期テストと比べてガクッと下がります。

高校の授業で分からない所があればその都度すぐに解決しようとする意識が最も大切です。その都度解決していかないことには分からない所が溜まりすぎてしまい、とても実力テスト前に対応できる量ではなくなってしまうので。

しかしたった1回の学校の授業ではなかなか理解できないという子もいます。高1、高2、高3と学年が上がっていくに連れて、それに合わせて実力テストの範囲も広くなります。

ダイレクトゼミの高校生版実力テスト対策問題集では、高校の実力テスト範囲の重要ポイントの映像解説が付いています。高校の授業で聞き逃したところや理解し切れなかった部分を、家に帰ってから映像解説で再度授業を受けることができるので安心。先生や友達に分からない所を何度も聞くのは恥ずかしかったりしますが、映像解説の授業は何度も繰り返し再生できるので理解できるまで観続けることができます。


実力テスト前日にするべき勉強法とは?点数の取り方。

実力テスト前日にするべき勉強法

実力テストの前日にどのような勉強をすれば、5点でも10点でも点数が上がるのでしょうか。さすがに前日となるとできることが限られるので、残り1日で全範囲をカバーするのは不可能に近いです。長文問題や複雑な応用問題に手を出してしまっては、あっという間に時間がなくなります。

よって実力テスト前日にするべき勉強とは、自分の苦手な分野の基礎知識を徹底暗記することです。実力テストにおいて想定でき得る最悪なパターンは、自分の苦手分野が出題されてしまい、その分野の問題が1問も解けずに壊滅的な状態に陥ること。苦手分野が出題されたとしても半分ほど得点できるようになれば大火傷を防げるので、実力テスト前日には苦手分野の基礎知識だけでも徹底的に暗記しておきましょう。

実力テストに出やすい重要ポイントに絞った勉強をするべき

実力テストに出やすい重要ポイントに絞った勉強

中間や期末などの定期テストと違って出題範囲の広い高校の実力テストで良い点数を取る為には、余計なことに手を出してはダメです。あまり実力テストに出ないような無駄な部分ばかり記憶・勉強していては時間と労力がもったいないですよね。そのため、勉強法を見直す必要があります。

ダイレクトゼミの実力テスト対策は、高1、高2、高3の学年別、教科・科目別で高校の教科書の内容に合った内容の実力テスト対策問題集を使います。教科書に色々書いてある中でも、特に実力テストに出やすい重要ポイントが絞られているので、英数国理社の主要5教科に対して短時間集中で取り組む事が出来ます。

実力テストに出やすい問題に取り組むと結果が出やすいのはもちろん、テスト勉強に対するやる気も出てきます。適当な勉強法でダラダラと実力テスト勉強をしているよりも、実力テストに出る確率の高い主要5教科の重要ポイントを確実に押さえていく方が短い時間で力が付きます。

高3の実力テストで点を取る方法。高校1年・2年で受けたテスト問題を見直し傾向をつかめ!

高3の実力テストで点を取る方法

高3の実力テストで良い点数を取る方法としておすすめしたいのは、高1高2の時に受けた定期テストや実力テストの問題に再度チャレンジしてみることです。

やはり高校のテスト問題というのは、先生が教科書を参考にして一生懸命考え出してくれた良問が多いです。それらの良問は、実力テストや大学入試本番でも出題される可能性を十分に秘めています。ゆえに過去のテスト問題というのは宝の山ですので、必ず捨てずに取っておき、入試前の演習に利用しましょう。

実力テスト勉強対策講座。科目別、高3実力テストの勉強方法まとめ。よく出る範囲は?

実力テスト勉強対策講座

英語の実力テスト対策

英語のテスト勉強でまず最優先すべきは基本的な英文法を理解することです。英文法が理解できたら、頻出英単語を覚える作業に移ります。教科書でピックアップされている英単語は全て覚えるようにしましょう。英単語を覚える際には発音とアクセントにも意識を向けながら覚えることをオススメします。

英文法と英単語を叩き込んだ後に、英作文対策と長文読解対策をしていきます。英作文問題は先ほど覚えた英文法を使いこなせることができれば書けるはずなので、あとは慣れが必要です。長文読解も先ほど覚えた英文法と英単語を駆使すればスラスラ読めるはずです。長文読解に苦手意識を持っている人は、先に設問に目を通してから、その後で本文を読んでいくという形を試してみてください。

数学の実力テスト対策

数学のテスト勉強でまず最優先すべきは、教科書レベルの基礎問題の徹底理解です。数学という教科は基礎の積み重ねで成立しているので、基礎がおろそかな状態で応用問題に手を出しても数学力は身に付きません。とにかく公式をしっかり理解し、その公式を用いた基礎的な計算問題を解くことが重要。一度解けて満足するのではなく、類似問題を何度も反復し、問題パターンを自分のものにすることが目標です。

高偏差値の難関大学を目指す場合も、基礎・標準問題を確実に解き切ることが合否の分かれ目になるので、まずは基礎問題の徹底理解に注力しましょう。

実力テスト勉強の際に頑張って身に付けた問題パターンは、本番の入試において出題される可能性も十分高いです。

実力テストに頻出の分野は「微分積分、確率、ベクトル、数列、証明、図形と方程式」などです。

国語(現代文、古文、漢文)の実力テスト対策

高校の国語は現代文と古典(古文・漢文)に分かれます。高校では中学以上に、古典の対策に割く時間が多く必要となります。

古文・漢文をマスターする上で、文法や古文単語、句形や返り点などを覚えることが必須です。これら文法や句形の理解ができていないと、読解問題を正確に読み進めることができません。古文・漢文はある程度の努力さえすれば高得点が狙いやすいコストパフォーマンスの良い科目なので、必ず文法・単語・句形等のインプットに注力してください。

現代文の実力テスト対策としては、評論文・小説・エッセイなどのあらゆる文章に対する慣れが必要です。特に評論文は出題度合いが非常に高いので、日頃からコツコツと評論文に触れる機会を設けてください。あとはもちろん、漢字問題で点数を落とさないように受験頻出漢字の練習もしておくべきです。長文読解に苦手意識を持っている人は、先に設問に目を通してから、その後で本文を読んでいくという形を試してみてください。

理科(物理、化学、生物、地学)の実力テスト対策

理科は基本的には暗記科目です。特に生物は覚えないといけない量がかなり多く、理科の中で最も暗記要素の強い科目です。逆に物理は計算を使う問題も多いので、理科の中で最も数学的思考が必要な科目です。

とにかく理科の実力テストのテスト勉強で最優先すべきなのは、教科書の基礎用語と基本的解法を確実に覚えることです。授業中に行った実験内容についてもきちんと整理しておきたいです。物理や化学の計算問題は何度も反復することでパターンを身に付けましょう。

物理は力学と電磁気の2分野は特に頻出なので、力学を最優先、その次に電磁気という順に対策をすると良いでしょう。

化学はモル計算、酸化還元反応、イオンなどの問題が頻出です。

生物は選択肢問題と論述問題が中心です。教科書のどの分野もまんべんなく細かい知識を蓄え、数十字で説明できる論述力も鍛えておきたいです。

地学は理科の中では最も簡単だと言えます。地層を読み取る問題などが苦手とされやすいので、苦手な人は必ず対策しておきましょう。どの分野もまんべんなく苦手克服しておきたいです。

社会(世界史、日本史、地理、政治経済、倫理、現代社会)の実力テスト対策

社会は言わずと知れた暗記科目です。中学と比べて覚えないといけない量がさらに増えるので、暗記が苦手な生徒にとっては厳しいです。効率の良い暗記方法を身に付けないといけません。

実力テストの対策としては、とにかく教科書を読み込みましょう。用語を丸暗記するだけでなく、「なぜこの事件が起こったのか?」「この制度はどういった時代背景で作られたのか?」などを理解することが必要です。

地理や世界史などは、地図を見て国の位置関係等をビジュアル的に把握することも重要です。 政経や現代社会は日頃から新聞やニュースを見ておくことも定期テスト対策につながります。 ある程度の情報をインプットし終わったら、プリントやワークの演習問題を解いてアウトプットを繰り返しましょう。

社会は覚えないといけない量が膨大な分、早い時期からコツコツ覚える努力をしておくことが高3の受験期に大きく活きてきます。世界史や日本史では近現代史を苦手とする人が多いですが、近現代史は頻出なので時間を掛けてでも対策しておきたいです。

実力テストを受けた後が大事!必ず答え合わせ、復習をしましょう。

実力テストを受けた後が大事!必ず答え合わせ、復習を

実力テストを受けることで、本番の入試問題に近いレベルの問題を経験でき、現段階での自分の実力を測ることができるといったメリットがあります。しかし実力テストというものは受けること以上に、受けた後が大事です。

『実力テストで解けなかった問題をそのままにしてはいませんか?その問題は本番の入試で出題される可能性が十分ありますよ。』という意味です。

テスト結果に一喜一憂する気持ちも分かりますが、テスト後はピシっと気持ちを切り替えて、今回できなかった問題を次はできるようにするという意識を持つことが受験成功への鍵となります。

実力テスト終了後に解答解説が配られると思いますので、その日のうちに答え合わせをし、間違えた問題に対して解答解説とにらめっこしましょう。特に校外模試は丁寧な解答解説が配布されるはずです。今回間違えたことは仕方ないですが、次にまた同じような問題が出題されて解けなかったという状況だけは絶対に避けなければいけません。もちろん1日で全科目の答え合わせを完遂するのは厳しいと思うので、数日に分けて答え合わせをする形で大丈夫です。

実力テストに出やすい問題パターンを集中してやるのが最も楽で効果的

実力テストに出やすい問題パターンを集中してやる

高校の実力テストで出題される内容は適当に選ばれている問題ではありません。模試と同じように、高校の教科書を参考にして、良い問題というのを抜粋しています。

センター試験対策の実力テストというのは、過去のセンター試験の入試傾向などを分析して、本番のセンター試験に出そうな問題を予想して作られています。2次試験対策の実力テストというのは、各主要大学の2次試験の過去の出題傾向を分析して、本番の2次試験に出そうな問題を予想して作られています。だから実力テストに出そうな問題というのはある程度絞られてくるのです。それを知らずに適当に手探りで広範囲を勉強するよりも、実力テストに出る可能性の高い問題を中心に勉強していく方がよっぽど効果的ですよね。

高校生の方で、中間・期末テストなどの定期テストと比べて実力テストで結果を出せなくて悩んでいる方や、塾で伸びなかった方は、ダイレクトゼミの実力テスト対策を一度お試し下さい。

実力テスト対策に最適な予想問題集・参考書とは?

実力テスト対策に最適な予想問題集・参考書

高校の実力テストで高得点を取るにあたって最適なものは教科書です。実力テストは範囲が広く、記憶力に自信のある人でも対策が難しいように思えますが、教科書の内容を徹底的に理解できていれば高得点を取ることが可能です。

ただ教科書というものは硬い文章で書かれているので、参考書の方が読みやすくて分かりやすいと感じる人もいるでしょう。教科書を読むのが苦手だという人は、噛み砕いた文章で説明をしてくれている参考書を1冊手元に置いておいた方が良いかもしれません。

ただし市販の参考書・問題集の中には、教科書にあまりリンクしておらずに出版されているものや、覚える必要のない無駄な知識まで載っているものもあります。そのような参考書・問題集を選んでしまうと非効率的な勉強をせざるを得ません。

ダイレクトゼミの教材は学校の教科書で必ず押さえなければならないポイントを分かりやすく指導解説していますので、勉強が苦手な人でも効率良く教科書の要点をつかみやすくなっています。 また、ダイレクトゼミには24時間視聴可能な解説動画が付いているので、実力テスト範囲の分からない部分に対して繰り返し何度も学習できる点が魅力です。

さらに、ダイレクトゼミではオンライン家庭教師のサポートを受けることも可能です。自分1人では解決できないときには、家庭教師の先生が質問に回答してくれます。

実力テストのテスト勉強の仕方が分からず困っている方や、塾の実力テスト講座では伸びなかった方は、是非一度ダイレクトゼミの無料お試しを体験していただければと思います。

ダイレクトゼミなら

学校の授業内容、教科書の内容をしっかりサポートした
効率の良い指導なので、テストの点数につながりやすい!

普段から教科書の
重要ポイントを押さえた学習が出来ている

授業対策

ダイレクトゼミなら、ポイントを押さえた予習復習で、普段から教科書の大事なところが押さえられているので、実力テストでも点数が取れる力が付きます。

重要ポイントに絞って実力テスト対策ができる

定期テスト対策

「実力テストって範囲が広すぎるから、何をどう勉強すればいいか分からない…」という人も大丈夫。ダイレクトゼミなら、教科書の重要ポイントが分かりやすくまとまっているテキストがあるので、苦手な部分が短時間で克服できます。

24時間いつでも何度でもみられる映像解説

ダイレクトゼミの映像解説は、テキストを1問1問解き方まで詳しく解説しているので、それをみるだけで理解できます。
また、動画は各単元の大問ごとに分かれているので、わからないところだけをピンポイントで何度でも学習できます。
これなら、実力テストの勉強をしているときに、分からないところが出てきても安心です。

家庭教師とチューターの
手厚いサポート

高校受験対策

ダイレクトゼミの家庭教師なら、あなたのペースに合わせて分からないところを分かるまで指導します。
また、実力テストの勉強をしている時に「勉強法が分からない…」「なんだかやる気が出ない…」ということになっても、 チューターが電話でサポートするので安心です。